処女の美人を本気で狙うなら出会い系&婚活より圧倒的に「パパ活」

処女の美人

 

ブスの処女なんぞ産廃ですね。

あくまで器量良しであること、美女・美少女でありかつ「男性経験なし」

(つまりパーフェクトってことだ。)

 

でなければ意味がありません。

結婚する気もおきません。

 

とはいえ、この貞操観念ゆるゆるの現代日本において、納得のいく容姿でありかつ

男性経験のない女性を探すのは並大抵の苦労ではありません。

 

現実的には、学生時代から付き合っており、処女をもらった彼女と結婚するぐらいが

現実的なラインではないでしょうか。

 

しかし、私はもう30代

でも絶対に死んでも嫁には妥協したくない。

非処女と結婚するぐらいなら、一生独身も辞さないほどの決意であります。

 

ということで

何とかして、男性経験のない美人の嫁を探してーなーと色々と知恵を絞ったところ

 

結婚相談所も婚活サイトも論外

出会い系はリスク高

ナンパ、人づては社会的信用失墜リスクがヤバイということで

 

「パパ活」こそが

美人&処女の未来のお嫁さん候補と出会う

最も現実的な選択肢であることに至りました。

 

これから、その理由を説明していきます。

 

出会い系、婚活<<<超えられない壁<<<パパ活

美人の処女と本気で結婚したいならパパ活以上の選択肢はありません

 

なぜ出会い系サイトがダメなのか

なぜ婚活サイトがダメなのか

なぜパパ活が最も優れた選択しただといえるのか

 

出会い系がダメな理由

すっごい美人と出会い系で出会って、意気投合して、ホテルまで行ったら

実は処女だった、一生大事にするから結婚して・・・はい

 

これは今時エロゲーでもないようなフィクションですね。

出会い系でホテルまで行くような

女性が、しかも美人の女性が、いまだに処女のワケがありません。

 

出会い系には、美人の非処女か、ブスの非処女、そして一定数のブスな処女

しかいません。美人な処女がいて、それがたまたま自分の手に入るなんて都市伝説、宝くじのような

幸運でしょう。まずこんなものあてにしてはいけません。

 

おまけにプロフィールにもそうそう男性経験がないなんて書いてありませんし

何ももって処女を見極めるのか、非常に高度な洞察力が必要です。

よほど熟練した出会い系慣れした人間じゃないと無理です。

 

言うまでもなく、童貞には絶対に無理です。

 

婚活がダメな理由

男性経験のない人と結婚したい

今時こんなことプロフィールに書いて女性が寄ってくると思いますか?

処女と結婚したいというのは

「胸が大きい女性と結婚したいです。」と婚活プロフィールに書くようなものです。

 

出会い系でも引かれるのに、ましてや婚活の場において

そんな露骨な話に言及するなんて、まず痛いヤツ、偏屈なヤツ、変態だと思われて

一切誰とも出会うことなく終わるでしょう。

 

幸運にも、出会いがあったとしても

その女性は「処女と結婚したい」

なんてプロフィールに書くような空気の嫁ない偏った考えを持つ

男性でもOKな女性です。

 

逆に怖くないですか?

 

出会い系と同じく、婚活市場と売れ残っている処女なんて

よっぽどブスで性格側悪くて、おまけにコミュ障でオタク

そんな男性から見てもどうしようもないような女しかいません。

 

婚活サイトなんて墓場で、綺麗な処女を探そうものなら

まがい物を掴まされるか、一生彷徨い続けることになるか

・・・少なくとも、ロクなことにはなりません。

 

パパ活が良い理由

出会い系サイトも婚活サイトも

まず処女とは出会えないし、仮に出会ったとしても間違いなくブスか

新興宗教やメンヘラなど、ものすごい訳あり物件に違いありません。

 

それに引き換え、パパ活で出会う女性は

全員が処女とはいきませんが、探し方次第で

 

かなり現実的な確立で

処女で美人な若い女性と出会うことができます。

 

パパ活の自己紹介PRに処女だと、男性経験がないと、彼氏がいたことがないと

書いている子がたくさんいる・・・ということはないです。

 

また、男性側の自己PR文に、処女の子希望と書いたら良いとかいえば

そんな自己主張のキツイPR文に寄ってくる女の子はなかなかいないでしょう。

 

処女なら○万円で買います。と書けば別かもしれませんが

かなりの金額でないと受け入れられないと思います。

 

相手のプロフィールに書いてないし

自分のプロフィールに書いてもダメ

 

じゃあどうやって処女を見極めて出会うの?

と思いますよね。

ヒントは相手の交際希望ステータスにあります。

 

シュガーダディであれば

「まずは食事から」

「相手に合わせる」

「積極的」

 

のうち、「まずは食事から」

を選びます。処女はまずこの中にしかいないと思ってください。

 

その上で、なるべく年齢が若く

  • 体の関係は考えていないのでご了承お願いします(;_;)
  • 大人の関係は希望していないのでお食事やデート行ってくれる方募集してます!
  • 美味しいお店に連れていってくれる方を探していますが大人な関係を求める方はNGです(>_<)

このようにハッキリと、大人な関係、体の関係はNGと書いてある子が

第一ターゲットになります。

 

ここまで絞り込めば、少なくとも、出会い系サイトや婚活サイト

もしくはリアルの自由恋愛、合コンやナンパなどで出会う女の子より

圧倒的に処女率が高いです。

 

中でも母子家庭(父子家庭)や苦学生、昼夜アルバイトに明け暮れる日々

このようなフレーズの女の子は、真面目だったり、出会いの場がなかったり

そもそも恋愛をしている余裕が全くなかったりするので、処女の可能性が非常に高いでしょう。

 

それもパパ活に登録しようと思う程度には、自分の容姿に自身のある処女です。

出会い系や婚活にいるような、「私でも処女なら価値があるでしょ」と

ブス処女の無価値さに全く無自覚な産廃女に無駄に時間を取られることなく

 

こちらの金銭的、時間的なリソースを美人、美少女な処女との出会いと

関係構築に集中できます。

これは非常に効率的な戦略です。

 

しかも、いまパパ活は

「性的な関係を持たずに食事などを一緒にするだけ」

というイメージが、全国放送の深夜バラエティ番組、情報番組を通じて

広まっているので

パパ活の定義

これまで出会い系なんて考えもしなかった

ちゃんとした貞操観念をもった女の子

 

食事だけなら

食事だけで今の生活が少しでも楽になるなら

日頃食べられない何千円もする美味しいご飯が食べられるなら

 

などと誘惑に負け、パパ活を始めてしまっています。

 

もちろん、食事だけと言ってはいますが

そこは所詮若い女の子

 

こちらが平均点レベルのまともな男性で

しかも、何十時間もバイトしないと稼げない

ような金額を提示されたら

 

食事の後、お酒の後のテンションも相まって

ついつい誘いに乗ってしまうことも十分にあります。

所詮、食事だけなんてクチだけ・・・です。

 

どこで出会うかも非常に重要です。