30代童貞の後悔しない「卒業」には「パパ活」以外あり得ない理由

30代の童貞にとって

 

理想の「卒業」

初セックスに必要なのは

 

高級ソープでも、遅まきの恋愛でもなく

財力に物を言わせた、パパ活以外にない。

 

>画像を挿入

文句なしにど真ん中ストライクの容姿の

”素人”女性との「パパ活」

 

それだけが我々を

生涯後悔することのない

むしろ、今後の人生の支えになってくれる

最高の体験への唯一の正解なのだ。

 

30代童貞がパパ活で「卒業」するべき3つの理由

プロか素人なら素人だろう

素人童貞という言葉がある。

風俗で童貞を卒業した男性を指す言葉だ。

 

ただセックスがしたいだけなら、それでも良い

何と言っても、金をさえ払えばセックスができる。

他の要素は一切いらない。店によってはホームレスでさえOKだろう。

 

でもそれなら18歳になり次第、もしくは初任給をもらった時、または三次会の付き合いで

いくらでも機会はあったのではなかろうか?

でも我々はその容易な道を選ばず30代になった。

 

ここまで来たのに、あえて普通の方法で卒業するのは

なにか勿体なくないか?それではただ出遅れただけで何の価値もない。

時間をかけたなら、かけただけの別の経験があってもいいだろう。

 

それに今更風俗で妥協するのはどうだろう。

どうせ妥協するならさっさとすればよかったし

そうしなかったのは、風俗で卒業するぐらいなら、別に童貞で良いという

プライドがあったからではないか?

 

流石に30歳まで童貞を守っていると”魔法”が使えるなんて、化石のような都市伝説は

信じていないが、どこか風俗なんぞで初体験を終えてしまうのはもったいないと感じいたのも

また事実だ。であれば、その初心に則って、あくまで最高の卒業を目指すのは必然だろう。

 

そして言うまでもないことだが

素人とプロ

 

何十人も、何百人も相手をした手垢と唾液、精液の残滓にまみれたカラダと

数人ないし、未経験の清らかなカラダ

 

どちらが良いかといえば

100%後者に決っている。

 

であれば妥協はせずにいきたいものだ。

 

最高の素人女性を捕まえるマネーパワー

風俗嬢ではない一般女性をセックスをしようとする場合

どういった方法が考えられるだろうか?

 

世間的に王道なのは自由恋愛における恋人関係からの卒業だろう。

が、残念ながら30代童貞男性にとって、これはほぼ間違いなく不本意な結果に終わる

 

それは頑張っても彼女ができないという結果もあれば

せっかく彼女ができて、念願の初セックスを終えてもなお

不満足で終わるということだ。

 

理由は簡単

我々が自由恋愛で手に入れ、股に挿れることが

デキる”程度”の女は妥協の産物でしかないからだ。

 

人に自慢したくなるような良い女でなければ

我々は満足できない。

他者の羨望の眼差しこそが、我々の承認欲求を満たす最高のエッセンスだからだ。

 

確かに、見た目が中の下であっても

会話が盛り上がる、趣味が似ている、共通の価値観がある

後は、ビジネスパートナーで何となく良い感じになって

 

などととりあえず付き合って楽しそうな女性は別に

羨まれるような美人でなくても良い。

時には容姿的には全く好みでないタイプに好意を抱くこともあるだろう。

 

しかし、悲しいかな男性にとって

女性がトロフィー的な立ち位置であることは変えられない事実だ

男性が愛人を持ちたがるのはもはや種族的な性であり

動物的な本能だ。

 

この欲求から逃れることはできはしない。

自分を誤魔化し納得しているふりをすることはできるが

 

愛する人とのセックス と

「これほどの女をいま俺は抱いている」という自己肯定を強烈に感じながらのセックス

男性にとっても心地良いのは圧倒的に後者だ。

 

男にとって愛情とセックスは全く別ベクトルの感情だ。

どれだけ愛している人間でも、その愛情からセックスしたいとは思わない

 

逆に、見た目さえ良ければ

どれだけ性格が合わない女性でもセックスはできる。

 

愛情とセックスが比例する女性と違って

愛がなくてもエロければセックスできるのが男性だ。

 

そして30代まで童貞でいるようなモテない男が

自然と恋愛関係に到れるような女性は愛の対象にはなっても

最高のセックスの対象には決してならない。

 

そんな良い女を30代童貞が落とせるのは宝くじ的な幸運か

フィクションのどちらかであって

残念ながら「現実」と「空想」は違う。

 

ではどうすれば最高のセックス、最高の童貞卒業が果たせるのか

といえば答えは簡単

 

金の力で最高の素人女性を落とせば良い。

その具体的なプロセスこそが「パパ活」だ。

 

パパ活に圧倒的な感謝を捧げよう

プロより素人

自由恋愛より金で買った女

 

このある意味矛盾した条件を両立するのは

ここ数年でパパ活が一般化するまでは非常に難しかった。

 

パパ活という定義が生まれる前は

金銭をもらって、性交渉をする素人女性というのは

愛人だとか、援助交際だとか、そういったアンモラルでイリーガルな

雰囲気が漂う言葉で表現されていた。

 

それは反社会的であり

まともな女性は近寄らない世界の話だったのだ。

 

一方、「パパ活」である。

まず響きが良い、就活、婚活、妊活ときて、パパ活である

言葉の綾といえばそれまでだが、言葉の力はすごい

○○活というだけで、大衆的で、人生に役立つ、前向きな活動に聞こえてくるから不思議だ。

 

しかも「パパ活」は一般的には、食事(デート)をするだけで、肉体関係はないと

いうアピールができる。そうではない女性の割合は分からないが、少なくとも彼女らの

建前として、パパ活はあくまで、寂しいおじ様とご飯を一緒に食べるだけでお小遣いをもらえる

その程度の行為、ハードルに縮小されるのだ。

 

まぁバッサリいうと

見目麗しいバカ女をこちらの土俵まで釣りやすくなったのだ。

実際に、楽しく会話し、アルコールを摂取し、そこそこの良い気分

おまけに安くないお小遣いまでもらえる

 

この状況で断固として断れる女性はそうはいない。

それは事前の宣言とは無関係だ。あれはあくまで、女の自分自身に対するエクスキューズであって

実際の対応とは大きく乖離する。

 

むしろ、お小遣いなしでもナンパでさえついていく女性が一定数いる世の中なので

おまけにご飯をごちそうになっていたら、返礼性の法則まで働く

 

たとえば、何もしない添い寝してくれるだけで良い、寂しいんだ。

とでもいって向こうの心理的ハードルを下げれば良い。もちろんお小遣いはあげるといって

そしてホテルまで連れ込めば、後はどうとでもなる。

 

可愛い女はナンパに対する耐性はあっても

それが、金銭的なメリットに対する貞操観念という耐性があるとは

全く関係ない。

 

どんな美人でも

お金がもらえるなら、一晩ぐらいと考えてしまう可能性は

ブスと大差ない。

 

貞操観念のゆるい、一定数の美人を、金さえ払えばヤれる環境まで

追い込んでくれたのがパパ活というムーブメントである。これは実に素晴らしい。

 

まとめ(3行でいうと)

1.30代で卒業するなら手垢まみれの風俗嬢より素人美人に決まってる

2.30代童貞が征服欲求大満足の素人美人を恋愛でゲットするのは無理

3.パパ活ブームに乗れば、最高の素人と金の力でヤれる、ヤラなきゃ損